修繕工事で優先すべきは安全性

マンション修繕で気をつけるポイント

最近はマンション経営を副業にされる方などが増えており、それは一定の金額を稼ぎやすいというメリットがあるからです。そんなマンション経営をするにあたり、マンションを修繕工事しないといけないという状況にもなるかもしれません。なるべくきちんとしたマンションに住みたいと思うからです。そんな修繕工事するときに気を付けるポイントについて話していこうと思います。
まずマンションを修繕するときに最も気を付けないといけないことは安全性です。日本は地震大国と言われるほど地震が頻繁に起こる国です。なのでそういった自然災害にもある程度対応できるマンションにしておかないと、住みたいと思えないのです。古いマンションを購入された方などは耐震性がないので、ぜひ修繕工事で耐震をマンションにつけてみてください。
他には修繕を依頼する業者です。多く存在する業者の中から最適な企業を選ばないと工事の出来が悪かったりして、マイナスの面も考えられるので業者選びには特に慎重になってください。これによりその後の収入などに大きく影響されるからです。マンション経営は昔に比べたら比較的多くの方がされていることだと思います。なので修繕工事をしなければならないとなったときにはしっかりとポイントを押さえてしてみてください。

どれくらいで修繕工事をした方が良い?

マンションは安全面や資産価値を維持するためにも定期的な修繕工事が必要で、的確なタイミングでの修繕工事が快適な環境作りにも影響を与えます。マンションの修繕工事は、どれくらいで行うことが理想的かですが、一般的に12年が目安とされています。また、マンションの竣工から10年経過した場合は、外壁の全面打診調査を行う必要があるため、コスト面を考えて12年周期になっていると考えられます。
マンションの修繕工事を最初に行う場合は、竣工から10年と新しい状態のため、外壁を中心に外部の工事がメインとなります。マンションの状態にもよりますが、劣化が進んでいるケースは低いので、次回以降の修繕工事よりコストはかからない傾向です。しかし2回目の修繕工事は竣工から24年になるため、外部だけではなくマンション内部の工事も必要になります。更に、3回目は竣工から36年のため、マンション内部の主要部分も工事が必要となり、回数を増すごとにコストはかかります。
修繕工事の業者は優良でコストの低い所が理想的ですが、web上にある一括比較サイトを利用すると、複数の優良業者から見積をしてもらえて業者探しに便利です。なるべく複数の業者から見積を出してもらうことが大切で、見積や業者の実績、評判など総合的に比較しやすくなります。

RECENT ARTICLE

  • 信頼できる修繕工事業者選び

    マンションの大規模修繕工事は実績で選ぼう マンションの大規模な修繕工事を行うことは、住まいの暮…

    » 続きはコチラ

  • 修繕工事で優先すべきは安全性

    マンション修繕で気をつけるポイント 最近はマンション経営を副業にされる方などが増えており、それ…

    » 続きはコチラ

  • 資産価値維持の観点からも大切な修繕工事

    マンションの修繕工事は計画的に マンションの修繕工事は、通常、修繕計画によりいつ行うか決まって…

    » 続きはコチラ

  • どこに修繕工事をしてもらうのか?

    マンションの修繕工事の重要性と業者の選び方 マンションなどの建物は時間の経過と共に劣化するため…

    » 続きはコチラ